アーカイブ: 2007年10月

2007/10/29

永続的リンク 15:11:04, カテゴリ: とんとん広場のこと

とんとん収穫祭のお絵かき

とんとん収穫祭のお絵かきで、みんなが書いてくれたものの一部を公開します。みんなの書いてくれた絵を見ると、結構細かいところまで、ミニ豚君たちの描写をしているので、あっこれ花子だ!とか、こんなところに痣があったんだなあとか、新しい発見があったりで感心しちゃいました。

2007/10/26

永続的リンク 17:07:17, カテゴリ: とんとん広場のこと

あまりの見事さに改めて・・・

あまりの見事さに、また椎茸ネタです。

このりっぱな手のひらよりも大きい椎茸を見てくださいよ。これが裏山で採れたんですから感慨無量ですよ。
もう1本も残ってはいないんですけどね。

2年がかりで仕込んでくれた大崎さんのおかげです。それにしても立派だったので、こんなのを子供たちに採らせたら、楽しいですよね:p
そして、きのこ汁なんかしちゃったら・・・;);)


2007/10/25

永続的リンク 17:33:15, カテゴリ: 食育・農業体験のご案内

とんとん広場でインターンシップ

今週1週間福豚工房で、製造部門のインターンシップなんです。いつも思うのですが、新しいスタッフが入ったときや研修のときなんかは、豚のことからハムソーセージのことをプロジェクタを使って勉強するんですね。


そうすると、やってることはつまるところ食育なので・・・・すごく面白いんです。


やるたびに新しい発見もあるし、なぜ添加物が入るのかとか、なぜこういう名称なのかとか、本当に細かく講習するので、食肉加工の知識や衛生管理のこととか、もちろん福豚のことなんかのことも再認識できてしまうんです。


で・・・豚やハムソーの雑学なんかや日本の食品業界と欧米の食品業界の比較や添加物の間違った認識なんかを織り交ぜてくれるので・・・



ちょこっと覗くスタッフは、こっちが目当てで・・・


楽しんで食育しているんです!

2007/10/24

永続的リンク 16:32:55, カテゴリ: とんとん広場のこと

収穫祭の豚の絵コンテスト

今日は店長が、収穫祭の豚の絵コンテストでみんなから書いてもらった絵をたっくさん飾っていました。

こんなにたくさん書いてくれたんだなあと、ちょっと秋らしく感慨に浸ってしまいましたよ。


ぜひ見に来てくださいね。

2007/10/21

永続的リンク 12:43:34, カテゴリ: 畜産編

ウィンナーのクイズ

Q1:ウィンナーの名前の由来は。

  1. ウィンさんの作った

  2. ウィーン地方の

  3. 勝つという意


   
Q2:一般的にウィンナーの皮は何でできてる?  

  1. 豚腸

  2. 羊腸

  3. ビニール



Q3:日本だけのウィンナーは?

  1. エマルジョンタイプ(絹挽き)

  2. あらびきタイプ

  3. 中間タイプ



Q4:ウィンナーの焼き方で正しいのは?

  1. 油をたっぷり使って焼く

  2. 油をちょっとだけ使って焼く

  3. 油を使わないで焼く







解答は下のコメントをクリック:p:p

2007/10/20

永続的リンク 21:51:48, カテゴリ: とんとん農場のお話

とんとん農場の里芋

収穫祭のビュッフェには、とんとん農場のとれたての野菜がたくさん使われていました。そんな中子供の頃から祖母がおやつに良く作ってくれていたのが、里芋の衣かつぎです。

といってもそんな洒落たものではなく、里芋を皮付きのまま茹でただけのものです。これを熱々のうちに塩を振って食べるのが最高のおやつだったのです。

本当に熱々で、やけどしそうで・・・・・

特につるっと剥けて、とろっとろのやつが本当に美味い!!


うーんよだれが・・・・


こんな食べ方知ってますか?といってもあんまりやらないだろうな今は・・・里芋好きにはきっとたまらないですよ!!

2007/10/16

永続的リンク 20:08:35, カテゴリ: 野菜編

さつまいものクイズ

Q1:さつまいもは何科でしょう。

  1. ナス科

  2. ヒルガオ科

  3. マメ科


   
Q2:さつまいもの語源は?  

  1. 現在の鹿児島から全国に広まったから

  2. 佐津間さんが作ったから

  3. スペイン人が広めたから



Q3:さつまいもを一番多く生産してる国は?

  1. 中国

  2. アメリカ

  3. ナイジェリア



Q4:さつまいもを一番多く生産している県は?

  1. 千葉

  2. 鹿児島

  3. 群馬






解答は下のコメントをクリック:p:p

2007/10/15

永続的リンク 17:28:08, カテゴリ: 野菜編

じゃがいものクイズ

Q1:じゃがいもは何科でしょう。

  1. ナス科

  2. イモ科

  3. マメ科


   
Q2:じゃがいもを略さず呼ぶと?  

  1. じゃがじゃがいも

  2. じゃがたらいも

  3. じゃがなすいも



Q3:次のうちじゃが芋の品種でないものは?

  1. キタアカリ

  2. インカのめざめ

  3. コガネセンガン



Q4:じゃがいもの毒の成分の名は何?

  1. ニンニン

  2. タンニン

  3. ソラニン



Q5:じゃがいもの貯蔵法で良いのは?

  1. 日差しの良い温かいところ

  2. 日陰で低温

  3. 日陰で温かいところ




解答は下のコメントをクリック:p:p

2007/10/13

永続的リンク 12:25:09, カテゴリ: 畜産編

豚のクイズ

Q1:ブタは一度に何頭子供を産むでしょう。

  1. 20頭以上も産んじゃいます。

  2. 10頭から12頭くらい産みます。

  3. 1頭だけしか産みません。


   
Q2:お母さんブタのおっぱいはいくつ?  

  1. 全部で14個あります。

  2. 全部で18個あります

  3. ひとと同じで2個です。



Q3:ブタは生後半年で体重が何倍になるでしょう。

  1. 約50倍の体重(60~70kg)。

  2. 約70倍の体重(84~98kg)。

  3. 約100倍の体重(100~120kg)。



Q4:ブタさんが大好きで探す有名な食材はなんでしょう。

  1. にょきにょき、たけのこ。

  2. きのこの一種、トリュフ。

  3. 日本でおなじみマツタケ。




解答は下のコメントをクリック:p:p

2007/10/12

永続的リンク 16:24:34, カテゴリ: とんとん広場のこと

とんとん広場の県北棚田米

とんとん広場のレストランの米は、群馬県北産で生産されているコシヒカリなんです。棚田で主に生産されているので、とんとんでは「棚田米」と呼んでいるのです。

がしかし・・・・・・

昨年収穫分がついに終わってしまい、新米ができるまで足らなくなってしまいました。その美味しさに感動して以来使い続けている棚田米で、米どころ新潟のお客様にもお褒めいただくほどです。

生産量も限られているので、この心配をずっとしていましたがついにという感じです。だけど、良いものを需要分生産するのもすごく大変なこと。特に地産地消ならこそです。

でもこういうハプニングはお客様には申し訳ないですが、食育やスローフードを考えるきっかけになるとっても大切なことだと思うのです。

だから新米ができたときには、その喜びをいっぱい噛み締めて食べてくださいね。

2007/10/11

永続的リンク 10:56:23, カテゴリ: 食育・農業体験のご案内

とんとんの見たフランスの食育⑤


教育ファーム建設中の20代の若者たちです。突然の訪問にも快く迎えてくれました。本当に周りには何もないところで、森と草原が広がっているすばらしいところでした。

教育ファームをやりたいと言う夢を熱く語り、そして親戚中から資金の援助をしてもらい、この20haもの広大な農家を手にしたそうです。

石造りの古い農家や、倉庫などもあり自分たちの手で補修して使えるようにしているそうです。乗馬もやりたいと言うことで、厩舎も作り30頭ほどの馬がいました。

バーベキューや乗馬・森の勉強やキャンプなどを子供たちに教えたり、宿舎を作って子供たちを泊めたいと熱く語ってくれた3人でした。今はもうオープンして2年ほどたつのでしょうか。ぜひ子供たちの反応、そして彼らの笑顔を見たいものです。

2007/10/09

永続的リンク 14:53:21, カテゴリ: 食育・農業体験のご案内

とんとんの見たフランスの食育④


フランスランブイエの国立教育ファームで撮ってきた写真です。一見本当の専門店で販売しているものと思いきや、高校生が実習しながら販売しているハムソーセージなのです。

なかなか本格的なできばえと販売の仕方にただただ関心です。

最近日本でも農業高校で、実習の一環として生徒が運営している店がありますが、こういうところってとても大切だと思うんですよね。

ただ農業をするのでなく、農産物を加工して付加価値をつけながら販売する方法を同時に学べることって、教育ファームの本質なのかもしれないですね。

フランス人は、牛乳やハム・チーズなどを安売りしろとか、安売りをするという感覚がないということを聞きました。それに、生産・加工・販売まで手がけるのはごく当たり前のこと。だから、農業従事を目指す子供たちがたくさんいるのでしょうか。


2007/10/02

永続的リンク 16:05:00, カテゴリ: とんとん広場のこと

とんとん広場食農学習ブログデザイン・・・

みなさんこんにちは~:p:p

今日から少し・・ほんの少しですが、ブログのデザインが変わりました~!
と言っても多分誰からも気づかれないんだろうなぁ:(:(

アイコンのデザインだったり、色味だったり、ちょこっといじって見たんですけどいかがでしょうか?本当はもう少し変えたいところがあるんですけどね・・・

とんとん広場

とんとん広場は、食育・農業体験・ウィンナー教室などを通して、楽しく遊びながらいろんなことを学んでしまおうと「食農学習」という提案をしています。近隣農家さんが先生になって、作付けや草取り、収穫までやったり結構本格的な食農学習です。

powered by
b2evolution
ブログ一六社

カレンダー

2007年10月
 < 現在 > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリー

最近の記事

カテゴリー

リンクブログ

検索
いろいろ
配信XML

RSSとは?