アーカイブ: 2007年9月

2007/09/30

楽しかったです!食農学習!!

さつまいもを掘りに行く前に、まずは焼き芋に使う落ち葉をみんなで集めたよ。
ヤギさんも応援してくれてるみたい。

さぁ、さつまいもを掘るために大崎のおじちゃんのお話しをしっかり聞こう!

よぉし!大きいさつまいもでてこーい!

お父さん!さつまいも掘るの手伝って!!

こんなさつまいもが採れたよ!!

おいしいさつまいもができますよに!
さぁ、火がつくかな??

わーい!こんなにホクホクなさつまいもができたよー!!

楽しい一日でした。
参加してくれたみんなどうもありがとう!
また、次回11月17日「里芋堀りと芋煮会」ぜひ参加してください!!








2007/09/26

永続的リンク 19:37:58, カテゴリ: 食育・農業体験のご案内

とんとんで火起こし

今日は手で火起こしを・・・・・
で・・・この上の写真はその火種で・・・

できればよかったんですけどね~。

やっぱり炭を起こすとなると・・・あっこれは写真撮影用の炭です。
で結局この炭は着火剤を使って、楽して着けたのです・・・・

うーん文明の利器だと関心関心!
やっぱり昔の人は偉大でした!!



~お気軽収穫コース~ホクホクさつまいも収穫
とんとん農場のホクホクさつまいも収穫。青空の下でさつまいもを収穫しよう。

■日時  9月29日(土)
■参加費 大人(中学生以上)1,000円(税込み)
     小学生      700円(税込み)
     3才以上      400円(税込み)
■時間  10:00~12:00
■定員  40名
■場所  とんとん農場(徒歩10分)

※小学生以上の方にさつまいものお土産付

お申し込み・お問い合わせ
TEL 027-283-2983
FAX 027-283-2980
shokuno@fukubuta.co.jp

2007/09/25

永続的リンク 22:33:16, カテゴリ: 食育・農業体験のご案内

とんとん広場地元の食材の組み合わせ!?

これは焼豚の写真なんです。


なぜ今回は、焼豚なのかと申しますと・・・・

この焼豚、とんとん広場の福豚と地元群馬の有田屋さんの醤油で作られた焼豚だからちょっと面白いんですね:p
何が面白いかと言うと、こういう地元の食材(特に手づくりで、伝統的なもの)を組み合わせた場合はどういうわけか味がまろやかになるんですね。

当然醤油もアミノ酸の旨みがあるし、(というか昔ながらの醤油だからアミノ酸が多いのかなあ)焼豚の仕込にも十日間漬け込みをするので、自然と乳酸醗酵してアミノ酸が出てくるんですが、この2つの相乗効果がすごいんですね。

普通の醤油よりもすごいかも・・・・;)


なーんて感じですけど、発酵食品はやっぱり地のものが一番おいしく感じるのは、育った食環境ならではなんでしょうね。


うーん面白い・・・:p:p

2007/09/20

永続的リンク 17:12:14, カテゴリ: とんとんイベント情報

とんとんの焼き芋

今度の食農学習【~お気軽収穫コース~ホクホクさつまいも収穫】では、べただけど焼き芋を計画中!収穫したさつまいもを焚き火に突っ込んでほくほくの焼き芋を作っちゃいます。

で!火起こしもできればやってみたいなと思ってるんですけどいかがですか?


やってみると意外な程難しい火起こし、昔の人は良くやったなあと本当に感心してしまいますよ!是非できればいいですね:)


ちなみにもう少しで定員数に達してしまいますので、お申し込みはお早めに!!



~お気軽収穫コース~ホクホクさつまいも収穫
とんとん農場のホクホクさつまいも収穫。青空の下でさつまいもを収穫しよう。

■日時  9月29日(土)
■参加費 大人(中学生以上)1,000円(税込み)
     小学生      700円(税込み)
     3才以上      400円(税込み)
■時間  10:00~12:00
■定員  40名
■場所  とんとん農場(徒歩10分)

※小学生以上の方にさつまいものお土産付

お申し込み・お問い合わせ
TEL 027-283-2983
FAX 027-283-2980
shokuno@fukubuta.co.jp

2007/09/19

永続的リンク 13:33:23, カテゴリ: とんとん広場のこと

沢蟹の写真ですよ

この前とった沢蟹です;)

はさみに挟まれないかドキドキしながら捕まえました。でも写真とってすぐに逃がしたのでどうぞご安心を:p

と言うことで、今日もすがすがしい一日です。ピョンピョンとバッタが飛び、かえるも茶色でいかにも秋の気配が・・・

そう言えば、昔よくおばあちゃんがイナゴの佃煮を作ってくれたっけ:>>:>>
今の若い人に言わせると気持ち悪いって言われちゃうんだけど、味はいたってシンプルで小魚や海老の佃煮と変わんないですよね。非常に美味しいです・・・:oops:

こんなの食農学習でやったらどうなのかなあ・・・・と悪巧み・・・・

実りの秋に稲を食い荒らすイナゴはただの害虫だった昔、この害虫をやっつけて、なおかつ貴重な蛋白源にするなんてさすが先人の知恵!

今はイナゴ食わなくても栄養失調なんかならないもんな・・・・



2007/09/14

永続的リンク 18:00:11, カテゴリ: とんとん広場のこと

とんとんに沢蟹来襲!!

仕事を終えて、帰ろうとドアを開けた瞬間目に飛び込んできたのはなんと沢蟹!!

とんとんのすぐ側には流れの速い小川があるけれど、コンクリートできちんと治水されたもの・・・・
考えられるのはここだけなので、ここから来るのでしょうが、それにしても来るのはものすごいことですよ。川面から道路まで1m以上あるし・・・・

それにしても、山に蟹がいることって子供たちは知っているんでしょうか?私は幼い頃山菜取りに祖父と山に出かけて、山に蟹がいることを知りました:oops:

あ!すいませんせっかく写真撮ったのにカメラ置いてきちゃいました。また、アップします。

2007/09/12

永続的リンク 12:00:55, カテゴリ: とんとん農場のお話

とんとん農場の枝豆

とんとん農場であまりにたくさんの枝豆が出来てしまったのでどうしようかと・・・

そこで、ほっておいて大豆にしてしまおうと大崎さんに言うと、「こらぁ大豆にはなんねぇよ」と一言。


で、とんとんのスタッフは思うわけです。「だって枝豆って大豆の若いときなんでしょ!?」


ということで、よくよく話を聞いてみると大豆にも種類があって、とんとんの枝豆は青大豆らしい:crazy:
大豆は大豆だけど、一般的な豆腐を作る大豆は黄大豆なんだそうな。



話を聞いていくと、大崎さんもスタッフもどっちも正しいことを言ってるんですね。


まあ、この青大豆から「うぐいすきなこ」なんてのも出来るらしいし、緑の豆腐だって出来ることも判明!いろいろと遊んでみますよ!

2007/09/11

永続的リンク 17:23:34, カテゴリ: とんとん広場のこと

とんとんの周りを草むしり

昨日午後ちょっと手が空いたときに、ふと小山を見ると草がっっ!!

しかもその場所は一番大切にしていたコリアンダーの場所!


コリアンダーは、もう種をほとんど落としているのが幸いなのですが、来年も自生させるためにはスペースを!ということで、せっせと草むしりを始めました。


土がやわらかいので、どんどん引っこ抜いていけるから楽しい楽しい:p:p

見る見るうちに草がなくなっていき、ブルーベリー周りも見違えるほど。


そんなところで、スタッフの前原さんが登場!後片付けを頼んだのでした!!

2007/09/09

永続的リンク 10:00:01, カテゴリ: 食育・農業体験のご案内

とんとんのスタッフが最近はまっているもの

最近お店が終わってから毎日のように試食しているものがあります。


それは・・・・


女性にはたまらない?






スウィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーツです;);)


とんとん農場や果樹園、地元赤城近隣でとれるものを使って、どんなスウィーツができるか、みんなで試行錯誤してます。

もちろん、この時期なので秋の野菜や果物を使ってです。

で、なによりみんな楽しんでやっているのがいいんですよね。こうやったらああだとか、うわっまずっとかそんなひとつひとつのことが楽しく、また地元の良い食材を再発見する良い機会になっています。


来週あたりには、お披露目できるんじゃないでしょうかね。


是非皆さんも、群馬の食材だけで何ができるか試してみると面白いですよ。

2007/09/07

永続的リンク 10:02:23, カテゴリ: 食育・農業体験のご案内

日本人には欠かせない出汁

最近、枝肉の残りの骨を使ってラーメンのスープを作ろうと考えている今日この頃、ふとかつおだしなどとのダブルスープがいいかなと思いはじめました。

そしてふと・・・・

ラーメン屋ってすごいなと・・・

最近は家で、かつおや煮干、干ししいたけなどで出汁をとることはめっきり減ったように感じます。それなのに、こだわっていろんな出汁を作り続けて、その味でお客様を感動させるなんてすごいですよね。

ラーメンですから、当然出汁は濃い目にとっているわけですが、それにしても自然の美味しさを感じられるのはすばらしいと思うわけです。

家で作る味噌汁や澄し汁などを作ろうと、かつお出汁と出汁の素で味比べをしたら、ほとんどの子供は出汁の素のほうが、うまみが濃くて美味しいというかもしれません。

昔からの家の味が自然の味でなく、作った味に変わってしまった瞬間です。でも、ちょっとの手間で自然なやさしい味に触れることが出来たとき、「ほっ」とするのはなぜなのでしょうか?

2007/09/05

永続的リンク 17:04:07, カテゴリ: とんとん広場のこと

とんとん広場のマイブーム

最近スタッフの中で、「マイ箸」を持つのが流行っています。


そんな私も上海でかわいい携帯用のお箸を買って使っているひとり!

ちょっとしたことだけど、少し環境にやさしいことができればと言う思いはほんのちょっと;)
なんていっても、お洒落っぽいのが気持ちいいんです。

でもこんな些細なことが、食育や環境のことを考えるいい機会になったりするんですよね:p:p


ぜひ皆さんもマイ箸をどうぞ!!

2007/09/03

永続的リンク 19:32:57, カテゴリ: とんとん広場のこと

とんとん広場の夏の終わり


この2枚の写真の中にいるセミの姿がわかりますか?

だいぶ涼しくなってきた赤城のとんとん広場では、赤とんぼが舞い始め秋の足音が近づいてきたなぁという感じが。

そんな中まだまだセミが最後の力を振り絞って鳴いていますよ!

ぜひ耳を澄ませてくださいね:p

とんとん広場

とんとん広場は、食育・農業体験・ウィンナー教室などを通して、楽しく遊びながらいろんなことを学んでしまおうと「食農学習」という提案をしています。近隣農家さんが先生になって、作付けや草取り、収穫までやったり結構本格的な食農学習です。

powered by
b2evolution
ブログ一六社

カレンダー

2007年9月
 < 現在 > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリー

最近の記事

カテゴリー

リンクブログ

検索
いろいろ
配信XML

RSSとは?